有酸素運動は脂肪を効率良く燃焼できるということで、ダイエットに用いられることが多いです。 しかし、有酸素運動の効果が時間帯によって変わるというのを知っている人はそれほど多くないと思います。 では、いつ有酸素運動をするとダイエット効果が高いのでしょうか? ダイエット効果が高いタイミングは、朝食前だといわれています。 朝食前というのは空腹時なので、低血糖の状態です。 この低血糖の状態の時は脂肪の燃焼率が良いため、最もダイエット効果が大きいという訳です。 また、運動後6時間は脂肪燃焼率が高いので、いつもと同じような生活をしていても脂肪が蓄積されづらい状態になっています。 そのため、朝食前に運動をすることによって、朝食や昼食を食べても脂肪になりにくくなるのです。 もちろん、夜の空腹時に有酸素運動をしてもダイエット効果はあります。 でも、朝食前に比べると効果が落ちてしまうので、なるべく起床後にジョギングやウォーキングを行うようにしてください。